クリック単価アップ|アドセンスでAmazonと楽天をブロックする方法

手を前に出している女性

今回は、アドセンスで特定のURLをブロックするやり方で、「Amazon」と「楽天」をブロックする設定方法を初心者でも分かりやすく画像付きで説明します。

なお、「出会い系」系、「ギャンブル」系など、広告のカテゴリジャンル別にブロックする方法については、こちらの記事をご参照ください。

Amazonと楽天の広告をブロックするのはなぜ?

クエスチョンマーク

なぜAmazonと楽天の広告をブロックするのか。

そもそもAmazonと楽天はクリック単価が低いから

Amazonと楽天がアドセンス広告によく表示されるのは体感されているかと思いますが、クリック単価が低いためです。

もしブログで商品紹介している場合、損をするから

もしAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトで商品紹介している場合、アドセンスからの流入と捉えられます。その結果、通常のアフィリエイト収入ではなく、アドセンス側の収入となり損してしまうからです。

Amazonと楽天の広告をブロックする方法

設定方法

Amazonと楽天の広告をブロックする方法について、画像付きで説明します。

  • 「広告主のURL」メニューからブロック
  • 「広告ネットワーク」メニューからブロック

「広告主のURL」メニューからブロック

アドセンスの広告主のURLメニュー
アドセンスの広告主のURLメニューを表示

http:// に続く空欄に「Amazon」「楽天」のURLを入力します。また、ここでは頻繁に表示される「お名前.com」もついでに入力しています。以下テキストをコピペでOK。

www.amazon.co.jp
www.rakuten.co.jp
onamae.com
アマゾン楽天のURLをブロックする
空欄に「Amazon楽天」のURLを入力し、「URLをブロック」を選択
URLブロック完了画面
URLブロックの結果が表示

「広告ネットワーク」メニューからブロック

広告ネットワーク画面
「広告ネットワーク画面」を選択
楽天の広告ネットワークを検索
空欄の検索ボックスに「楽天」と入力し、「検索」を選択
楽天のブロック画面
許可またはブロックで、ひとつずつ「ブロック」を選択。画面ではブロック済み

なお、楽天の広告は公式URL以外にも「Criteo」という広告配信サービスからも表示されてしまうため、そちらもブロックします。手順は同じです。

criteoのブロック画面
検索ボックスに「criteo」と入力し、「検索」を選択。ひとつずつブロック

おわりに

ほかにも同様の方法で、楽天トラベルなどのブロックも可能です。

Amazonや楽天の広告で表示させたいものもある、という人はこちらの記事で「ひとつずつ広告をチェックしてブロックする方法」を紹介していますので、参考にご確認ください。