歌詞全文|米津玄師・馬と鹿【日曜劇場ノーサイドゲーム主題歌】

ノーサイド・ゲームの主題歌は米津玄師さんの新曲「馬と鹿」

今回は、TVドラマノーサイド・ゲームの主題歌に採用された米津玄師(よねづけんし)「馬と鹿」についてご紹介します。気になる歌詞も後述します。

ノーサイドゲームの主題歌は米津玄師「馬と鹿」

ノーサイドゲームの主題歌に採用された米津玄師「馬と鹿」についてご紹介します。

主題歌は放送までシークレット

主題歌は非公開でしたが、初回拡大SPのエンディングでサプライズ発表されました。

歌手 米津玄師
タイトル 馬と鹿
リリース日(発売日)2019年9月11日(水曜)
・通常版
・映像版
・ノーサイド版

米津玄師さんもツイート

ツイートにもありますが、「逆境の中をひとつひとつ進んでいく様を音楽に」と真摯な思いが込められているようです。

米津玄師「馬と鹿」の歌詞

米津玄師さんの「馬と鹿」の歌詞をご紹介します。池井戸潤さん同様、本作のために作詞作曲したそうで

歪んで傷だらけの春
麻酔も打たずに歩いた
体の奥底で響く
生き足りないと強く
また始まるさ
噛み終えたガムの味
咲ききれないままの心で
ひとつひとつなくした果てに
ようやく残ったもの


これが愛じゃなければ
何と呼ぶのか僕は知らなかった
呼べよ花の名前を
ただひとつだけ
張り裂けるぐらいに
鼻先が触れる
呼吸が止まる
痛みは消えないままでいい


何にたとえよう
君と僕を
踵に残る似た傷を
晴れ間を癒えば
まだ続く
行こう花の咲かないうちに


これが愛じゃなければ
何と呼ぶのか僕は知らなかった
呼べよ恐れるままに
花の名前を
君じゃなきゃ駄目だと
鼻先が触れる
呼吸が止まる
痛みは消えないままでいい


あまりにくだらない世界がきれいだ
●●●

見逃し配信はTVerやParaviで

初回放送が見れなかった人はTVerParaviで見逃し配信を見ることが出来ます。また、Paraviでは30日間無料のキャンペーンを行っているようですので、第一話を見逃した人はチェックしてみてください。