楽天ポイント|QRコード決済の利用率トップは楽天ペイ!楽天ペイで期間限定ポイントをオトクに使い切る!

今回はTwitterでも取り上げた楽天ペイに関する雑記です。

QRコード決済利用率はLINE、PayPayを抑えて楽天ペイがトップ!

最近のニュースで、QRコード決済利用率に関するユーザー調査結果が取り上げられました。

 MMD研究所は、2月5日に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表した。対象はスマートフォンを所有している20歳~69歳の男女887人で、調査期間は1月8日~1月10日。
各QRコード決済サービスを「現在利用している」という回答が最も多かったのは「楽天ペイ」(9.4%)、次いで「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)となる。名前のみを含めた認知度トップは「LINE Pay」で86.8%、次いで「PayPay」が86.4%、「楽天ペイ」が79.0%となった。

認知度トップはLINE Payで、楽天ペイは認知度で劣るにもかかわらず、利用率は楽天ペイがトップ、という結果に。

利用率トップを支える楽天エコシステムとは?

わたしは、楽天エコ*システムという(*Economy)プラットフォーム戦略が奏功したと見ています。楽天経済圏とも言いますね。

楽天は、Eコマース、FinTech、デジタルコンテンツ、通信など、70を超えるサービスを展開し、世界12億以上のユーザーに利用されています。これら様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、他にはない独自の「楽天エコシステム」を形成しています。

-引用:1分で分かる楽天エコシステム(経済圏)https://adsales.rakuten.co.jp/business/rakuten/

しかも、楽天の2サービス以上を利用しているというクロスユース率は約70%だそうです。(2018年9月末)この数字もサービス領域の拡大とともに、2006年約25%、2008年約36%、2010年約44%と右肩上がりに上昇しています。

わたしもしっかり分子に入っています笑

楽天エコシステム活用シーン

フットサル用品をリサーチしたり、ミネラルウォーターなどの日用品を購入するのに楽天市場、楽天カードを使ってます。それもこれもポイントの獲得目当て!

定期的に実施される、楽天市場のお買い物マラソンや、クロスユースによる特典ポイントアップを活用しています。

  • 楽天市場アプリ
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天証券
  • 楽天銀行
  • 楽天モバイル

そこまでポイントの獲得にやっきになっている訳ではないですが、自分の身の回りの大体が楽天がサービス提供していたりするので、ちょっと意識するだけでポイントが溜まる仕組みが作れます。

期間限定ポイントを楽天ペイで消化!

ただ、特典ポイントは期間限定ポイントとなり、利用期間や利用サービスが限定されてます。

そこで冒頭に取り上げた楽天ペイの出番。

わたしはもっぱら、ローソンで楽天ペイで期間限定ポイントを使って買い物してます。

ほかマクドナルドやミスタードーナツなどの楽天ポイントカード加盟店楽天デリバリー楽天トラベルなどでも通常ポイントに優先して使えるようです。

参考:楽天の期間限定ポイントを、うまく使い切る方法まとめ!https://news.cardmics.com/entry/rakuten-point-kikangentei/

終わりに

個人的には個サルの料金支払いもQRコード決済に対応してほしい。

めんどくさがりのわたしとしては、着替えの前後に現金を出すのがおっくう。

予約システムの自動化は浸透していますので、予約~支払~アンケート、マーケティングまで、ワンストップでのサービスがいつか当たり前になるでしょう。